福井中小企業診断士協会

福井県の中小企業診断士が企業の経営をご支援します。 福井中小企業診断士協会

新着情報

ベトナムの福井県企業を訪問―海外視察研修を実施―

2017-02-27

 福井県中小企業診断士協会では、2月22日(水)~26日(日)の日程で、ベトナム社会主義共和国ハノイ市周辺地域に進出する福井県企業を訪問する海外視察研修を、福井県経営者協会、福井県立大学地域経済研究所、福井銀行との共催で実施した。
 チャイナプラスワンとして注目され、安定した経済成長を遂げながら人件費などの上昇率が比較的低く、また近年日系企業の進出が活発になってきているベトナム北部地域について、現地法人の経営や現地特有の労務問題など、今後の海外展開に必要な現場情報の収集を目的として福井県企業の海外現法や工場を訪問する視察を企画した。
 今回の視察会には、経営者協会と共同で募集した社会人11名(うち会員5名)と大学生2名に加え、福井県立大学の学生海外インターンシップ事業と連携して学生10名と引率者2名、ハノイでのビジネス商談会に参加する福井銀行行員5名の総勢30名で、視察見学を実施した。
 主な視察訪問先は、以下の通り。

  • ①ハノイものづくり商談会(福井銀行共催)
  • ②吉中精工ベトナム(タンロン工業団地)
  • ③ジェトロ・ハノイ事務所
  • ④前田工繊ベトナム(ダイドンホアソン工業団地、バクニン省)
  • ⑤ナカシマベトナム及びディープC工業団地(ハイフォン市)
  • ⑥イオンモール・ロンビエン

 また、ベトナム政府関係者や福井県企業の駐在員を囲んでの夕食懇談会も開催し、企業経営だけでなく駐在員の生活などについても忌憚のない意見交換を行った。
 最初に訪問した「ハノイものづくり商談会」は、ジェトロ等が主催し、福井銀行など地方銀行が共催する形で実施され、ベトナムだけでなく東南アジア地域に進出する日系企業が集まり、自動車・家電メーカーなど発注側企業も参加しての本格的な商談会が行われ、日系進出企業同士の技術交流・受発注の機会づくりに取り組んでいる。
 ジェトロでは、ベトナムの経済情勢や日本企業の進出動向などについて伺うとともに、現地法人を訪問した3社では、各企業のベトナム進出の経緯や経営の状況、労務管理面での取り組みなどについて説明いただいた後に、参加者からの質問にお応えいただき、その後工場内をご案内いただくなど、各社とも予定時間を超えた訪問となった。
 訪問先でのヒアリングの内容を整理すると、

  • ①ベトナムは、人口9300万人のうち40歳未満が64%と労働力人口が豊富で、消費市場の拡大も期待できる
  • ②経済成長率は7%で、一人当たりGDPは地方の農村部を含めた平均2,000ドル程度と着実に上昇し、物価が安定したことで労働者の転職が減少してきている
  • ③海外からの投資も過去最高に増加し、毎年200億ドルを超え、最近は北部への投資が増加
  • ④世界各国との経済連携協定を積極的に結び低関税で輸出できるメリットが拡大中
  • ⑤中間所得(年収15、000ドル)以上の世帯が400万人まで増加してきているが、日本製品を買えるところまでは到達していない
  • ⑥ベトナムの工業団地は50年の使用権を一括して購入する形が多く、中小企業向けに貸工場なども増えている
  • ⑦近年、日本からの投資は小売流通業、コンサルやホテルなどのサービス業が増加し、全体としては小型の投資が増えている
  • ⑧中国国境に向け高速道路が、大型船用の港湾施設が整備中で、物流が改善されればさらに注目される地域となる

 また、ベトナムの労務管理については、

  • ①ベトナムは識字率が95%と高く、文字で表せば理解できるが、一方で指示されたことはできるが、自分で工夫することは苦手
  • ②東南アジアでは共通して叱られた経験が少なく、人前で叱ると辞めてしまうので、コミュニケーションと取り方に工夫している
  • ③従業員の定着を高めるためには、家族と仲良くすることも必要で、従業員の結婚式に出席したり、社員旅行に家族を同行させたり、地域のお祭りに参加するなど家族や地域を意識した取組みが重要
  • ④物価上昇に合せて国が最低賃金を毎年引き上げているが、勤続年数に応じて昇給したり、頑張った人にちょっとした手当を出すと、定着率や生産性は徐々に上がっていく
  • ⑤日本で留学生を採用したり、また現地社員を日本で研修することで、日本の文化や考え方、技術の大切さや経験によって習熟していくことを学び、それが品質向上や定着にもつながる

 原材料の現地調達など課題はあるものの、インフラの整備が進み着実に成長しているベトナム北部は、今後も中国と東南アジアを繋ぐ重要な地域として更に発展していくのではないだろうか。

(峠岡伸行)

Photo

吉中精工では
ベトナム進出の経験談を伺う

Photo

ジェトロ事務所では
経済や投資の変化を紹介

Photo

前田工繊では
労務管理などを中心に懇談

Photo

イオンモールでは
ベトナムの消費動向を伺う

一覧に戻る

ページの先頭へ