福井中小企業診断士協会

福井県の中小企業診断士が企業の経営をご支援します。 福井中小企業診断士協会

新着情報

世界遺産を訪ね観光を調査する国内視察研修を実施

2018-10-17

 福井県中小企業診断士協会では、観光産業化研究会を設けるなど、県内自治体等と連携した観光の活性化と産業化に向けた調査研究に取り組んでいます。
 その一環として、毎年、国内で多くの観光客を集める地域や特徴的な取り組みを行っている地域を訪問し、観光に関する調査を実施しており、今回は北関東の栃木県、群馬県を7名で訪問しました。
 訪問地は、世界遺産に登録された群馬県の「富岡製糸場」、栃木県の「日光東照宮」、日本遺産に登録された栃木県宇都宮市の「大谷石」の資料館、小京都や小江戸としても注目を集める栃木市の「蔵の街」で、宇都宮市では、栃木県中小企業診断士会の皆さんとの交流会も開催しました。

<明治の殖産興業を支えた「富岡製糸場」>
 日本の輸出品であった絹織物の量産化に向け、明治5年にフランスの製糸技術を導入し、機械化を進める官制工場として設立された富岡製糸場は、厳しい採算状況が続く中で昭和62年の操業停止後も民間企業の力によって建物施設が維持保全され、平成17年に国指定史跡となってから、富岡市に建物譲渡、土地売却が行なわれ、平成26年に世界遺産として登録されています。
 操業停止以降、毎年1億円近い保全費用を企業が負担しながらこの施設を守ってきた取組みが評価され、世界遺産登録となったのではないかと感じました。
 また、富岡製糸場では、検定を合格し「まちづくり富岡」に登録されたガイドが100名以上在籍し、訪れた観光客への説明に当たっていますが、ガイドツアーの参加料が1名200円、グループ単位で特別案内の場合は1名500円と、有料化することで、ガイドの資質向上とともに、地域経済への波及に繋がる取組みになっています。

<商家が支えた文化と「蔵の街」>
 栃木市は、栃木県の南部にあり、昔は河川を使った木材問屋が集積した地域で、その昔ながらの商家の建物が多く残る中心街を「蔵の街」と名付けて街歩き型の観光地となっています。
 蔵だけでなく商家をそのままリノベーションしてカフェやクラフトショップとして利用しているお店も多く見られ、郷愁というだけでなく新たな発見ができる街歩きになっています。
 訪問した日は、ちょうど「お蔵の人形さん巡り」というイベントを開催していて、街なかにある古くからの商家の店頭に、古くから伝わるひな人形等を「街なか美術館」のように展示して、観光客に楽しんでもらいながら店内に誘導し、地域の方との会話を引き出しながら商品の購買につなげようとするもので、参考となる取組みです。
 また、2年に一度、11月に開催される「とちぎ山車祭り」は、地域の人たちに楽しんでもらおうと当時の豪商が江戸から山車を買い受けてきたことが始まりで、京都の祇園まつりのように各町内で合計9基の山車を揃えています。
 このような往時の商家の繁栄ぶりを伝えるとともに、それを地域が連携して守り続ける気概を感じる栃木市の訪問でした。

<東照宮だけではない「さすが日光」>
 日光は東照宮の参拝だけでなく、徳川家光のお墓のある輪王寺大猷院と三仏堂、二荒山神社を訪問しました。
 日光の見どころは、改修された陽明門をはじめ三猿や眠り猫と皆さんがご存じでしょうが、金箔で覆われた大猷院の建築や三仏堂の大きな仏像もぜひ見ていただきたいものです。
 さすが日本有数の観光地と感じたのは、全ての施設で丁寧な説明が行われていることと、最後には必ずお守りや破魔矢など「一生もの」として購入を薦めているところです。
 人は「見る」だけでは心が動かされず、人による「説明」が加わって初めて「行動」につながるという原理をしっかりと踏まえた取り組みで、日光全体で徹底されている点に参加者一同深く“感動”したところです。

<大谷石の採掘場を観光地として活用>
 福井では笏谷石が有名ですが、関東では大谷石。200以上の採掘場があった大谷地域ですが、現在は6カ所が操業中で、廃坑となった大谷石の採掘場を活用した観光施設としたのが「大谷資料館」です。
 入口の資料コーナーを出て、地下への階段を降りていくと徐々に冷気を感じ、中に入ると巨大な地下空間に圧倒されます。
 坑内には、順路が設定され、切り出しの模様がわかる展示やオブジェが置かれ、照明による演出が行われています。
 また、テレビドラマやミュージックビデオの撮影に使われた写真パネルなども展示され、跡地利用の一つのモデルとして参考になる事例です。

<栃木県中小企業診断士会の皆さんと交流>
 宇都宮市を訪問した際に、栃木県中小企業診断士会(仲山親雄会長)の皆さん9名と交流会を開催し、それぞれの協会活動の紹介、今後の取組みについて情報交換をさせていただきました。
 栃木県診断士会では、受託事業の開拓に加え、5つの研究会を設け、事業承継研究会では、診断士以外の参加も募り、支援ネットワークづくりにも取り組んでいますし、企業内診断士研究会では実務従事も視野にいれたスキルアップ策を研究するなど、今後の福井県診断士協会の活動にも参考になる取り組みを伺うことができ、実りのある交流会となりました。

 それぞれの訪問先の詳しい報告は、フリーレポートで今後紹介させていただきますので、そちらもご覧ください。

(峠岡伸行)

Photo

Photo

Photo

Photo

Photo

一覧に戻る

ページの先頭へ